Danube Riverドナウ川

街の中をゆったりと進むクルーズを楽しみながら船上からは両岸に広がる古城や美しい街並みなど変わりゆく景色を眺め、寄港地では絶景スポットや世界遺産、数々の観光名所を巡る事が出来る今大人気のリバークルーズ。中でもドナウ川はハプスブルク家の栄華が色濃く残るブルードナウや手つかずの自然が広がる世界遺産ドナウ・デルタなど見どころも多くヨーロッパリバーの中でも人気の高いコースです。人気おすすめコースや見どころ、さらに寄港地情報も盛りだくさんでドナウ川クルーズの魅力をご紹介します。

FEATURE特集

クルーズスタイルあれこれ
人気ランキング
クルーズマスター厳選コース
プロモーション
個人手配オーダーメイド旅行のメリット
モデルプラン(費用の概算と費用手配方法)
日本人向けサービス充実コース
デジタルパンフレット特集
動画特集
客船図鑑

ドナウ川

ドナウ川クルーズについて
ドナウ川クルーズについて
「母なるドナウ」と呼ばれ、世界中の人々から親しまれているドナウ川はドイツ、オーストリア、スロバキア、ハンガリーなど欧州10か国を通り黒海に流れ出る全長約2,860㎞のヨーロッパで2番目に長い悠久の大河です。
ドナウ川流域には、ウィーン、ブタペスト、リンツなど歴史と文化に満ちた街が多数あり
修道院や古城など歴史的建築物が点在し、「美しき青きドナウ」そのものの風景が広がります。多くの人々を魅了してやまないドナウ川クルーズをお楽しみください。

上流:シュヴァルツヴァルト(黒い森)~オーストリア~スロバキア
上流:シュヴァルツヴァルト(黒い森)~オーストリア~スロバキア
ドナウ川はドイツ南西部の黒い森とも呼ばれるシュヴァルツヴァルトを源流とし、レーゲンスブルク、パッサウ、リンツ、ウィーンを経てブラチスラヴァまでが上流部とされます。
過去の君主制の栄華がのこるウィーン、要塞の城やバロック様式の宮殿が多く残るブラチスラヴァなど、見応えのある都市を訪れます。また、風光明媚なヴァッハウ渓谷やバロック様式の修道院、ぶどう畑の美しい風景も訪れることができます。

中流:ハンガリー~セルビア
中流:ハンガリー~セルビア
オーストリアのブラチスラヴァから始まり、ハンガリーの大平原に広がる畑の風景、「ドナウの真珠」とも呼ばれるブダペスト、セルビアの古都ベオグラードなど雄大な自然と歴史を感じます。そしてハイライトの1つ、かつてはドナウ川最大の難所として知られた鉄門(アイアンゲート)は、現在はダム建設によって穏やかな流れとなり神秘的な渓谷美を楽しめます。

下流:ブルガリア~ルーマニア~黒海
下流:ブルガリア~ルーマニア~黒海
鉄門(アイアンゲート)を過ぎ、ブルガリアとルーマニアの国境沿いを航きます。
ジョルジュ、ルセ、オルテニツァなど可愛らしい街並みと中世の雰囲気が残る街々、そして終着点の黒海へ。黒海に流れ込む前には世界自然遺産でもあり、ヨーロッパ最大級の湿地帯ドナウ・デルタが広がり、植物や野鳥などのヨーロッパの魅力と大自然に触れるクルーズとなります。


ドナウ川の場所
ドナウ川地図


主な見どころ

ヴァッハウ渓谷(オーストリア)
ヴァッハウ渓谷(オーストリア)
オーストリア北部のドナウ川下流域にはヴァッハウ渓谷と呼ばれる景勝地が約36㎞にも広がります。山が連なる両岸の渓谷には古城や修道院が多数ありクルーズでも人気のあるエリアです。中世ヨーロッパの雰囲気が残る可愛らしい街並みやブドウ畑などの景観も素晴らしく、ヴァッハウ渓谷の文化的景観の名称で世界遺産に登録されています。

ヴァッハウ渓谷(オーストリア)
メルク修道院(オーストリア)
メルヘンチックな建物が立ち並ぶメルクの街に入るとまず目に入るのが丘の上にそびえたつメルク修道院です。ヴァッハウ渓谷の文化的景観の1つでもあり、世界的にも人気を誇る観光スポットです。18世紀にはオーストリア・バロックの至宝と言われるほど華麗で色鮮やかな外観や素晴らしい装飾、壁一面に蔵書が並ぶ壮大な図書館も見どころです。

ブダペスト(ハンガリー) の夜景
エステルゴム大聖堂 (ハンガリー)
ハンガリーの古都、エステルゴムの丘の上にそびえたつ大きなドームが特徴のエステルゴム大聖堂のルネサンス時代の面影が残りその歴史は古く、ハンガリーで最大のカトリック教会です。大聖堂の展望台からはドナウ川やエステルゴムの美しい街並み、さらにドナウ川の向こう側のスロバキアまで一望できるおすすめの絶景スポットです。

ブダペスト(ハンガリー) の夜景
ブダペスト(ハンガリー) の夜景
1873年に西岸のブダとオーブダ、東岸のペストが合併しドナウ川の両岸を1つの街としたハンガリーの首都ブダペスト。「ドナウの真珠」とも言われ、ドナウ川沿いに建つ国会議事堂や教会等の建築物がライトアップされた夜景の美しさはハイライトの1つです。
ぜひ昼間とは雰囲気が違う美しくロマンティックな夜のドナウ川を体験ください。

ドナウ・デルタ
ドナウ・デルタ
長いドナウ川は河口付近で3つの分流と多数の小さな流れとなり、黒海に流れ出るところに作り出した三角州(デルタ)。この一帯がユネスコ世界遺産に指定され、ヨーロッパ最大の湿原、ドナウ・デルタと呼ばれます。人の手がほとんど加えられておらず、ありのままの自然やペリカンや白鳥、数々の野生動物が生息しています。

Danube_Nuremberg_Christmas_Market.jpg
クリスマスマーケット
冬のヨーロッパの風物詩でもあるクリスマスマーケットは、毎年クリスマス前のアドベント(クリスマス前に準備をする期間)の時期になると開始されます。ウィーン、パッサウ、レーゲンスブルク、ニュルンデルクなどで開催される賑やかなクリスマスマーケットと共にクリスマスカラーに彩られたヨーロッパの街並みが楽しめます。


ドナウ川コース紹介
ドナウ川コース紹介(例:ルフトナー・クルーズ)
リバークルーズは冬の時期はほとんど運航がなく、5月~10月がベストシーズンですが、
春には花が咲き乱れ、日照時間が長い夏は街がにぎわい、秋には赤く染まる紅葉の景色、冬にはクリスマスムードの街並みなどシーズンによって多様な魅力があります。
※コース内容、運航シーズンは船会社、スケジュールによって異なります。

クラシカル・ドナウ
【運航シーズン:5月~10月】
レーゲンスブルク、パッサウ、ザルツブルグ、ウィーン、ブラチスラヴァなど見所の多い寄港地を訪れ、世界遺産のヴァッハウ渓谷を通過するドナウ川のハイライトを巡るコース。

青きドナウ
【運航シーズン:5月】
ライン・マイン・ドナウ運河も通過し、メルク修道院、エステルゴム寺院なども訪れることができるほか、絵画的なヴァッハウ渓谷の景観もお楽しみいただけます。

美しく青きドナウとドナウ・デルタ
【運航シーズン:6月~9月】
ドナウ川を端から端まで、8か国にまたがる約4,000㎞を航行します。ヨーロッパ最大の峡谷であるアイアンゲートの通過、野生生物が生息するドナウ・デルタもハイライトです。

ヨーロッパ横断
【運航シーズン:5月】
アムステルダムとブダペストの間のライン、マイン、ドナウ川を2,000kmに渡り航行し、ヨーロッパを横断しヨーロッパリバークルーズのハイライトを網羅したコース。

クリスマスマーケット
【運航シーズン:11月下旬~12月上旬】
クリスマスシーズンのヨーロッパの有名なクリスマスマーケットを巡ります。船内はもちろん、クリスマスムードにあふれた街々を訪れ華やぐヨーロッパを楽しめます。


ドナウ川クルーズを運航する船会社

ルフトナー・クルーズ
オーストリア流のホスピタリティあふれるおもてなしが好評の歴史あるリバークルーズ会社です。客室内でゆったりおくつろぎ頂けるスリッパや日本語のサービスディレクトリーもご用意し安心して船旅をお楽しみ頂けます。ドナウ川の他にもライン川やセーヌ川、オランダやベルギーの川や運河など魅力あふれる様々なコースがあります。

シーニック・クルーズ
最高級のリバークルーズとして知られ、お食事やドリンクはもちろん、船までの送迎、複数から選べる寄港地観光、客室内のミニバー、チップ、WiFiなど船旅を楽しむ為の料金が全てオールインクルーシブであることが最大の魅力です。ドナウ川の他にもライン川やボルガ川、ドウロ川や黒海など魅力あふれる様々なコースがあります。

クルスタル・クルーズ
最新鋭の客船は全室スイートルーム仕様、全室バトラー付きで極上のリバークルーズを体験出来ます。お食事やドリンクはもちろん、乗下船日の送迎、多彩な寄港地観光、ルームサービス、チップ、WiFiなどクルーズ料金に含まれるオールインクルーシブ制。ドナウ川の他にもライン川やマイン川、モーゼル川など魅力あふれる様々なコースがあります。


リバークルーズの楽しみ方
リバークルーズの楽しみ方

客室から見る景観
街の中を進むリバークルーズだからこそ、寄港地から街までの距離が近く、少しずつ変わる景色を眺めながら人々の生活の様子を近くで感じることが出来ます。

自転車で街を散策
リバークルーズは自転車を無料で貸し出すサービスや、サイクリングの寄港地観光ツアーがあったりクルーズ船で移動しながらアクティブに街を散策することも出来ます。

テーマクルーズ
音楽鑑賞やコンサート、ゴルフコースでのラウンド、船上から花火が見られるコースなどリバークルーズと共に楽しめるテーマクルーズもあります。

グルメ、ワイン
その土地ならではの郷土料理、ワインの産地を巡りワイナリーを訪れるなどヨーロッパの多彩なグルメ、ワインもリバークルーズで楽しめます。

運河めぐり
人気が高い運河クルーズもおすすめです。フランス、オランダ、ベルギー、ドイツなどヨーロッパの街に広がる運河をクルーズしながら水上から街並みを眺めます。




Classical Danube Cruise with AMADEUS







Danube Rhapsody Cruise with AMADEUS







Blue Danube Cruise with AMADEUS







AMADEUS ship in the Danube Delta







Experience a Scenic River Cruise







Christmas Cruises in Europe with Scenic






関連・お役立ち情報

リバークルーズの魅力
【リバー】人気おすすめランキング
クルーズマスター厳選コース
個人手配オーダーメイドクルーズ旅行のメリット
モデルプラン
初めてのクルーズ
クルーズお役立ち情報
クルーズQ&A
クルーズ旅行英語特集
クルーズ用語
クルーズの一日

MAP地図

MAJOR PORT主要の寄港地

ブダペスト(ハンガリー)

「ドナウのバラ」と称され、ドナウ川によって丘陵地帯のブダ地区と平地のペスト地区に二分されているハンガリーの首都。

ニュールンベルグ(ドイツ)

赤い屋根の建物に囲まれた旧市街の要塞や石塔をはじめとする中世の建築で知られているバイエルン州北部の都市。

レーゲンスブルグ(ドイツ)

世界遺産に登録されているドイツの都市。様々な色で塗られた建物の壁、窓などに飾られた鮮やかな花が並ぶ旧市街の街並みは、見どころの一つです。

パッサウ(ドイツ)

ドイツ、オーストリア、チェコの三カ国の国境近くにあり、ドナウ川、イン川、イルツ川が流れている町。

リンツ(オーストリア)

ウィーン、グラーツに次ぐオーストリア第3の都市。バロック様式の建物が建ち並ぶ旧市街、ドナウ河畔に広がる町並みは、見どころの一つです。

ウィーン(オーストリア)

ドナウ川のほとりに位置しているオーストリアの首都。ハプスブルク家の夏の離宮であったシェーンブルン宮殿も見どころの一つです。

SEA AREA 海域・エリアで探す